カテゴリ:未分類( 54 )

 

あれから2ヶ月

お婆ちゃんが亡くなって もう2ヶ月が過ぎました
四十九日の法要も終わり お寺さんのお話によると
お婆ちゃんは無事に三途の川を渡って天国へいけたそうです

 『日が経つと 寂しくなるよ』と言われてましたが 真実ですねぇ~

    『ホームの母 逝きてより
     吾に問ふ
     これでよかったのか
     これしかなかったのか』

う~ん。。。そうです!介護をしてきた側の気持ち 痛いほどわかります!
ほとんど毎日 これでよかったのか・・・と考えていました
ふと読んだ新聞に
『どこで死にますか』という ちょっとショックな活字が目に入りました

後悔しない最期目指して・・・

レット・ミー・ディサイド
患者本人が認知症や事故のため意思表示ができなくなった場合に備え
①自分の希望する治療の方法
②栄養補給の方法
③心配停止の際の心配蘇生の希望の有無
などをあらかじめ指定するもの。
正式な事前指定書の場合、本人の意思を尊重するかかりつけ医、家族、友人などの
代理人が署名し、保管する。

鳥取県○○市の とある特養○○苑では

『終末期の意向確認書』
当施設では、ご希望される方に、ご意向に沿う看取りを行っています。
容態が悪くなられた時に、こうしてほしいというご意思やご要望に対して、
倫理的に問題ない限りできるだけご意向が反映される見取りをさせて
いただきたいと考えております。
 つきましては、終末期についてどのようなお考えをおもちなのか、以下の
質問事項に可能な範囲で結構ですので、ご回答いただきますようお願い致します。

1 終末期を迎えたい場所はどこですか?
  ○施設で最期を迎えたい
  ○自宅に戻って最期を迎えたい
  ○病院へ入院を希望する

2 終末期の医療はどのような形を望まれますか?
  ○施設で対応してほしい
  ○病院へ入院を希望する

3 心停止・呼吸停止時の蘇生を希望されますか?
  ○希望する
  ○希望しない

4 食事が食べられなくなった時にはどのような形を望まれますか?
  ○食べられるものだけでよい
  ○経管栄養

5 その他(ご希望、ご要望をご記入ください)

上記の内容は変更することが可能ですので、いつでもその旨をお申し出ください。
なお、ご利用者が署名できない場合には、ご利用者氏名欄に代筆していただき、
代筆された方のお名前をお書きください。


↑これって とても必要なものだと 私は今にして強く思います!

昨年の12月5日 母が亡くなる20日前 救急車で施設から日赤病院へ運ばれた時
日赤のドクターは 『終末期』だと判断されたのですね
『こんな状態の患者さんを連れてきて!どうしてほしいのですかッ!』
と施設の看護師に そのドクターは きつく言われたそうですが
たしかに あのような状態で日赤病院へ連れて行かなければならなかった施設の
関係者さんには申し訳なかったと思います 
日赤病院 救急医療のドクターも一生懸命診察してくださいましたが
結局は すぐに施設に戻り その後20日間 施設で看取ってもらったわけです
上記のような確認書を 入所時に交わしておいたなら きっとお互いにあんな嫌な思いは
せずにすんだのですね

人の寿命はわかりませんが 医師が診て 医学的に回復の見込みがなく
余命1ヶ月以内と診断した場合 家族へ知らせてほしい 
というのは 無理なのでしょうか 
私は知らせてほしかった!最後の1月くらいは できるだけ身近にいてやりたかった
もっと もっと優しくしてあげたかった 心残りのないように



  
[PR]

by keikonokaigo | 2008-02-23 15:49  

お婆ちゃんは黄泉の国へ旅立ちました

平成19年 12月25日 午後10時20分 
母は眠るように息をひきとりました
享年85歳
26日通夜 27日告別式もとどこおりなく終わりました

長らく 励ましていただいた皆様には 本当に感謝いたします
ありがとうございました

私と暮らした年月は50年にもおよぶ長いものでした
あまり幸せな人生であったとは思えませんが・・・
学歴があるわけでもなく 偉ぶらず 愚痴もこぼさず 
真面目に 質素に 働き者の母でした
私の子供達の世話も それは それは 一生懸命してくれました

涙がとまらない私に
お寺の住職様が こんなことを話して下さいました
『命日は 悲しい日ではないのですよ 仏様に生まれ変わった日なのですから』と
そして (千の風)の歌のようなお話もされました
『お墓には お婆ちゃんはいません 心で呼んでください 
必ず貴方のそばにきて 力になってくれますよ』と

もう泣かないようにします!
『お婆ちゃん ありがとうね!天国へ行っても 私達を見守ってくださいね』

平成19年12月27日 今日でこのブログを終わりにしたいとおもいます
応援してくださっていたみなさん ほんとうに ありがとうございました
[PR]

by keikonokaigo | 2007-12-27 23:46  

急変しました!

昨夜エスペランスの看護婦さんから電話が入りました
『今日の朝は普通に食事しましたが お昼の食事をゴエンしたみたいで・・・』
様態が悪いとのこと

飛んでいきました!

お部屋では看護婦さん二人がお婆ちゃんの腕を持って、点滴が抜けないように
じっと見守ってくれている所でした
お婆ちゃんは喘息の発作のような息遣いで ハァーハァーと唸っている感じです
肺にタンが詰まってきているのでしょう ゼロゼロがひどくなっています
『お婆ちゃん!』
と呼びかけても 目を少しこちらに向ける程度で 時間がたってくると 
うっすらと開けたり閉じたりで意識もうろう状態です
点滴がやっと終わり 身体を自由にしてあげると 布団を足で蹴る力がまだあるようです

若いときから一生懸命働いて 働いて 晩年は 私の子供の世話をしてくれて
洗濯や庭掃除は お婆ちゃんまかせで お散歩は万歩計を腰につけて毎日2万歩! 
毎晩 晩酌には小さなビール1缶を嬉しそうに飲むのが 楽しみでした
『お婆ちゃんは 死ぬまで元気やね!』とみんなで言ってましたが・・・

こんなにまで痩せてしまって まだ苦しむ姿を見ていると
『はやく楽にしてあげてください』と神様や仏様に手を合わせてしまいました

もう『頑張れ』は言えません。。。
[PR]

by keikonokaigo | 2007-12-23 08:27  

緊急事態発生!でしたが・・・♪

12月に入り 今年最後の色々な準備にかかろうとしていた矢先!

5日の夕方 エスペランサーの看護師さんから電話が入りました
『様子がおかしいので 救急車で日赤へ連れて行きます!』
えっっっっ!ずいぶん急な変化に驚きながら 慌てて日赤に行くと
救急外来のドクターが 少々怒ってます・・・!・・・なんでかな?

付き添ってくれているエスペランサーの看護師さんの説明は こうです

『85歳の高齢で施設入居者の患者を 様子がおかしいからと言って わざわざ日赤へ
救急車で来るとはなにごとか!』
早く言うと そういうことらしいのです
要するに 日赤病院の救急外来は 緊急を要して いま治療をして元気になって
社会復帰が可能な人の治療をするところだから 
お婆ちゃんのうように 高齢で しかも半身麻痺や血小板が低レベルですでに老衰の粋に
達して施設に入居しているような人は 他の病院へ行くのが常識的だと怒っているらしいです

もう一つ問題が発生していました
7月末頃から 施設の認知症病棟のみが 疥癬の為に面会謝絶が続いていましたが
やっと11月に入り 下火となり 面会が許されたばかりでした 
ただ お婆ちゃんだけが 免疫が低下していることもあり 疥癬の疑いがまだあるとの事で
一人部屋に隔離されていたのです

もし このまま 無理に日赤病院に入院させてもらって 疥癬の患者さんが出ようものなら
大変な迷惑をかけることになるので 日赤のドクターが 治療を躊躇される気持ちは
じゅうぶん理解できるのと 若い方達が交通事故や もっと大変な病気で入院してくるのに
お婆ちゃんの為にお部屋を汚したり ドクターの手を止めたりすることは
私としても とても心苦しいと思いました

日赤のドクターには
『どれほどの治療をしても 今夜から2~3日が山です!』
と言われました
それならば 無理に日赤で色々な機械で手足を縛り付けて治療を受けるより 
出来るだけ自然な姿で逝かせてあげたいと思い 
その日のうちに エスペランサーに戻してもらうことにしました

さて いよいよお婆ちゃんと 永遠のお別れかもしれないと心の準備をしながら
息子と話し合って ここまできたら 慌てないように 葬祭場を決めておこう!
ということで あちらこちらに相談をして 大体の段取りを決めました

私が 最近において お婆ちゃんの写真で一番好きな写真がありました
ディーサービスで昨年の7月に お誕生日会で写してもらった笑顔のお婆ちゃんです
スナップ写真なので 頭の部分が少し切れていましたので
いつもの写真屋さんで 修正をしてもらって 遺影用に大きく引き伸ばしてもらいました

年賀状も もしかして出せないかも知れないので 郵便局へ行き
喪中葉書に交換できるようにお願いをして・・・心の中で泣きながらここまで準備をして
さて
昨日は 私の代わりにお嫁ちゃんが面会に行ってくれました
帰ってきたお嫁ちゃん ビックリしながら
『お母さん!お婆ちゃん メッチャ元気になって ご飯もペロリ食べたって!
職員さんが言ってましたよぉ!』
えっっっーーー!!!
信じられませ~ん

今日 お昼から面会に行くと 職員さんがプリンを食べさせてくれていました
大きな口を開けて ペロリとたいらげて まだッ!
『お腹すいてるわぁ~ お昼食べてないもんねぇ~ お茶ちょうだい!』
って言ってるんです!!!!

日赤に行った夜は 血圧も下がり 体温も低体温になり 瞳孔の反応も鈍くなり・・・
あれはいったい何☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ ♪♪♪

とりあえず 
『準備をすれば 元気になる!』という噂は 本当でしたぁぁぁ♪♪♪
[PR]

by keikonokaigo | 2007-12-07 22:08  

面会してきました~

今日は 久しぶりに帰ってきた長女を連れて お婆ちゃんに会いに行ってきました
面会が自由になっていたので よかったで~すイェ⇒ヾ(。´□`)ノ⇒イ

お婆ちゃんは 最近 車椅子に座っていられなくなってきました
背筋が弱ってきたらしく 椅子からずり落ちてしまうのだそうです

ドクターのお話から リハビリはほとんど出来ていません とのことです

談話室のマットの上でゴロ~ンと 転がったまま寝ているのかなぁ・・・
『お婆ちゃん』と声をかけると目を開けました
私を見て・・・娘を見て
『久しぶりやなぁ~』と涙目で言うので
『この子 だれかわかるぅ~』と聞くと
『○○子』とはっきり名前が言えました!すごいッ!
会話はほとんで出来なくても 孫の名前は忘れていませんでした
少し身体を起こして 話しかけても 理解できていないようです
でも 私達が帰ろうとすると 私の服の裾をしっかり持って
『まだ早い!ご飯食べていきッ!』と言って 服を離そうとしません

来月はクリスマス そしてお正月がきます
息子や娘が帰ってきます 
みんなで会いにくるからねぇ~♪

※お婆ちゃんと娘の姿を 写真には撮ろうとしましたが・・・
 骨が刺さるほど痩せてしまい 顔つきも違います
 可哀想で カメラが向けられず帰ってきました
[PR]

by keikonokaigo | 2007-11-19 21:39  

やっと面会出来ましたぁ ホッ♪

今日10月12日 午前11時(面会予約)
約3ヶ月ぶりで お婆ちゃんに会えました♪
『私のこと きっと忘れてるやろうなぁ~』・・・とドキドキしながら
認知病棟のドア入り口で スリッパを履き替え 手袋&エプロン&マスクをして・・・
マスクは何の為?疥癬(かいせん)って空気感染しませんよねぇッ!
面会室で待っていると

お婆ちゃんが 車椅子に乗って廊下の向こう側から・・・
ギョットするほど痩せていました(デジカメ持ってましたが・・・悲しいので止めました)
痩せすぎて 目がギョロリと大きくなって・・・
でも 意識ははっきり!
『私の名前 呼んでみて!』というと はっきりと
『けいこ~』と呼びました(正解♪)
『みんな お婆ちゃんに会いたいって言ってるよ』というと
泣きそうな顔で
『ウンウン』とうなずいていました(わかるんですねぇ~)
こりゃボケてませんがなッ!
と思いながら 話を続けていくうちに
『お婆ちゃん もうすぐお昼やから ご飯やねッ♪』というと
『ごはん』が『五万円』と聞き違いをしたのか・・・
『五万円なんか持ってへんッ!お金置いていけッ!』と怒り始めました(゜Д゜ノ)ノエェェェェ !?
怒りすぎて 車椅子からずり落ちてしまいましたがなぁ~トホホ
力のない私が ヨイショ ヨイショと引張り上げていると 
スタッフの方が飛んできて助けてくれました
あぁ~あ やっぱり病状は進んでいますぅ:;:;:;:;ガ―{´_`゜|||}─ン;:;:;:;

面会時間は30分と決められています
服の上から背中を そ~ぉと撫ぜていると ウトウト眠りはじめました
このまま 黙って帰ろうかな・・・と考えていると 
『まだ早いッ!』 えっ~(・д・)⇒Σ(〇д〇)ギョッ!?!  すごい感ですネ ピンポーン♪

『また来るからねッ』と言うと 私の服を力いっぱい持って 離そうとしません!
スタッフの方が笑いながら
『左手は不自由だけど そのぶん右手がすごく力あるのですよ~』と
言いながら 車椅子で お部屋へ連れて行ってくれました

お婆ちゃん 頑張りやァ~!!!
[PR]

by keikonokaigo | 2007-10-12 15:29  

お彼岸に入りました

婆ちゃんの病棟の面会謝絶が続いています
7月末から・・・ずいぶん長く会っていません
そんなに疥癬って伝染性が強いのでしょうか・・・
施設の方から 本日お電話があり 
『ストロメクトール』を服用させるという連絡がありました
聞けば疥癬の卵は潜伏期間が1ヶ月から2ヶ月に及ぶらしい≪@□@≫えぇ!?

私の息子も『婆ちゃんに まだ会えないのッ?』って呆れていますが
夏祭りも 参加できず!敬老の日も何もできず!
来年 敬老の日を迎えられる確信はないのに・・・

洗濯物だけを受け取りに 3~4日に1度 施設に行きます
お風呂の日を狙い撃ちして病棟へ上がって行き こっそり婆ちゃんを探してみます
ある日 偶然お風呂上りで 車椅子に座って病棟へ入っていくところに出くわしました
『婆ちゃ~ん!』と手を振りましたが・・・知らん顔でした~ショッキング―(´Д`)→
婆ちゃんの顔が また一段と小さくなったような気がしました
さぁ~ これから洗濯物取りに行こう!
[PR]

by keikonokaigo | 2007-09-21 13:43  

体質遺伝?

婆ちゃんの病棟が面会謝絶になって3週間以上!
楽しみにしていた夏祭りも 婆ちゃんのいる認知病棟だけが
中止になりました:;:;:;:;ガ―{´_`゜|||}─ン;:;:;:;

今度久しぶりに婆ちゃんに会っても 娘の私に『だれぇ~』
なんて言われないか心配です

今年の夏は ことのほか暑い!
私は 7月末にひいた夏風邪をこじらせてしまい 咳が治らず 
とうとう気管支喘息の治療が必要と言われました
“アドエアディスカス”これを朝&夕 吸入します
a0077870_14193939.jpg

ドクターが言うには 親子は体質が似ているから 喘息になる可能性はある!とのこと
以前 婆ちゃんは夜になると喘息の発作が起きて救急車で病院へ何度も運びました
その事が思い出されて 自分と重なり・・・(・д・)⇒Σ(〇д〇)ギョッ!?! としております
はやく咳を止めないと (; ̄ー ̄A アセアセ・・・
咳に負けてなるものかッ!(∋∧∈)がんばる!
[PR]

by keikonokaigo | 2007-08-27 14:27  

面会が出来ません!

8月に入って ラ・エスペランサーからお手紙がきました。
認知症専門棟の入所者の中に、疥癬の保菌者が数名あるので
感染予防の為 面会禁止にするという連絡でした。

洗濯物は3日に1度 受け取りに行きますが 事務所での受け渡しで
婆ちゃんには会えません!
2週間も会わないのは 今回が初めてなので 
『あんた だ~れ?』という顔をされないかとても心配です。

婆ちゃんの部屋の南の縁側に スダレをたらし朝顔を這わしています。
今朝 初めて紫の小さな花が2個咲きました。
婆ちゃんがいたら なんて言うかなぁ~
a0077870_14323860.jpg

[PR]

by keikonokaigo | 2007-08-11 14:36  

救急車で・・・

お誕生日会(7月10日)も無事終わり 来年もお誕生日会に出席できますように♪
と願いながら 施設から帰ってきて2日後!!!
12日の朝
『ケイレン発作を起こしています これから救急車で病院へ行きます』と・・・(゜□゜;)ヒッ
病院へ飛んでいくと 呼吸はかすかにしています!意識がはっきりしていない!
血圧も40とかって 看護士さんが慌てて先生に報告しています
点滴&酸素吸入&胃への管&オシッコの管&心臓音の管などなど体中ひも付きです
『あ~ぁ いよいよ もうダメなのかなぁ~・・・』

2日後
復活です♪
自力で食事もできます!すばらしい生命力です!がんばれッ 婆ちゃん!

20日みごと退院しました~♪
エスペランサーの職員さん達も ビックリした顔で お迎えしてくれましたよ~♪

※ ところで
  前回の入院費 21日間で23万円! 今回の入院費 9日間で10万円!
  ちょっとビックリで 腰が抜けそう~ 
  今 ちまたで問題の国民年金! 婆ちゃんの毎月の支給額は すずめの涙で~す
  国会議事堂の赤ジュウタンで ふんぞり返っておられるお代官様!
  どうか この婆ちゃんを助けてやってくだせぃ~
[PR]

by keikonokaigo | 2007-07-21 18:20